筋トレでバストアップ!

上向きバストを目指すなら筋トレがオススメ

バストアップする方法にマッサージやエクササイズなどがありますが、マッサージはやり方を間違えると脂肪が燃焼されて胸が小さくなる恐れがあります。

そこで今回は筋トレによってバストアップする方法を紹介したいと思います。 筋トレなら豊胸手術もサプリメントも必要ありませんし、思い立った時に実践できるのでおすすめです。

バストアップを目指すなら『大胸筋』を鍛えましょう。 バストアップの知識がある方は既にご存じかと思いますが、大胸筋はバストアップにおいて一番大切な筋肉です。

バストは大胸筋によって支えられているので、大胸筋が衰えるとバストが重力に負けて下がってきます。

女性は20代半ばを境にどんどん体型が崩れていくと言われており、40代に突入すると急激にバストが垂れる恐れが。

何もせずに放置していると、バストの形がどんどん悪くなっていくので、大胸筋を鍛えていきたいところです。 上向きのバストを手に入れる為にも、大胸筋をトレーニングしていきましょう。

簡単に大胸筋を鍛えられる方法ですが、まずバストの前で手を合わせます(合掌)。 そのまま「ゆっくり手に力を入れて→両手で押し合う」を何度か繰り返すだけです。

最初は10秒×2セットを目安にして下さいね。 分厚い雑誌を挟んで合掌するとより効果的です。

次に、ニースタンス・プッシュアップという大胸筋を鍛える腕立て伏せを紹介します。 簡単に言うと、膝をついたまま腕立て伏せをするトレーニングです。

まず、地面に両方の膝をつけてから、手を肩幅よりも広げて地面につきます。 頭は腰と水平になるように維持して、外側に肘を開きながら腕立て伏せのように腕を曲げましょう。

先程のトレーニングと同様に、慣れるまでは少ない回数で構いません。 少しずつ回数を増やして段階的に筋肉を鍛えて下さいね。

ただ、ニースタンス・プッシュアップは20回を限度とし、鍛えすぎてバストを硬くしないように気を付けましょう。 他にも様々な筋トレがあるので、気になる方は調べてみて下さいね。

↑ PAGE TOP