間違ったバストアップ法は逆効果!

間違ったバストアップ方法に注意!

バストは女性の象徴ともいえるバストは、一概に大きい方がいいとは言えませんが、大きくしたいと願う女性が多いのも事実です。

例え小さい胸が好きだという男性がいても、バストアップに励んでいる女性も珍しくありません。

ですが、間違った方法でケアをしていると、大きくなるどころか小さくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

バストアップの方法は調べてみるとわかるように沢山の方法がありますが、正しい知識を身に付けた上でケアをしないといけません。

まず、大胸筋をトレーニングするバストアップ方法も気を付けないと胸が筋肉になって固まる恐れがあります

また、よく耳にする胸を揉むバストアップ方法も、脂肪が分解されて胸が小さくなる恐れが。 パートナーに揉んでもらうと大きくなるという話を聞いたことがあるかと思いますが、これは半分間違っていて、胸を揉むのが重要なのではなく、女性ホルモンを増加させることが大切なのです。

恋人とデートをしたり、セックスをして女性らしさを維持することで、女性ホルモンを分泌させていきましょう。

また、バストアップに効果的だとして販売されているプエラリア入りのサプリメントがありますが、使用した人の中には月経がストップした人や貧血になった人がいるので、一部で問題視されています。

他の性ホルモンの分泌を妨げるとも言われているので、過剰摂取は避けたいところです。

そもそもサプリメントは飲めば必ずバストアップできるとは限りません。 リスクが高い割には成果が期待できないと言う人もいます。

バストアップの鍵になる女性ホルモンを増やしたいなら、サプリメントに頼らずとも、食事に気を遣えばいいだけのことです。

女性ホルモンそのものは体内でしか生成できないので、女性ホルモンと同じような働きがある成分を摂取しましょう。

例えば、豆腐や納豆などの大豆製品は大豆イソフラボンが豊富に含まれています。 この大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じような作用があるのですが、過剰摂取はNGです。

かぼちゃなどビタミンEが豊富な食材も効果的なので、積極的に取り入れて下さいね。

↑ PAGE TOP