コーヒーはバストアップに効果なし?

カフェインはバストアップの妨げになる?

『コーヒーを飲む女性より、飲まない女性のほうがバストが大きい』というデータが出ているのをご存じですか。

コーヒーを嗜む女性も多いので、ショックを受けてしまった人もいるのでは?

たしかに、カフェインは過剰摂取するとバストアップの邪魔になる成分です。 常習性も度々問題視されていますが、目覚めが悪い時に飲むとスッキリするというメリットもあります。

気分を変えたい時にコーヒーを飲むと、精神的にも良い効果があると言われていますし、カフェインは一概に悪い成分ではありません。

なぜバストアップの邪魔になるのかというと、カフェインは脂肪を分解する作用があるからです。 バストは9割以上が脂肪でできているので、脂肪が分解されるとバストが小さくなってしまいます。

また、カフェインの過剰摂取は胃腸や内臓にも負担がかかって、栄養を吸収する力が弱まってしまうので注意が必要です。

さらに、バストがただ小さくなるだけではなく、胸が垂れてしまうという恐ろしい事態になる恐れが…。 胸が小さくなるばかりか垂れてしまうだなんて、何としても避けたいところです。

次に、カフェインを一気に摂取すると眠れなくなることがありますが、これは自律神経が交感神経優位の状態になるからです。

これがなぜマズイのかというと『交感神経優位の状態=身体が活動する状態=男性ホルモンが増加している状態』だからです。

つまり、女性ホルモンが減っている状態なので、バストアップしにくくなってしまいます。

さらに、腹痛や腰痛、肩こりを悪化させる作用もあるので、身体をしっかり休めて女性ホルモンを分泌させましょう。

女性ホルモンや成長ホルモンは副交感神経優位の状態の時に分泌されます。 睡眠時間が短いとバストアップが遠のくので、質の良い睡眠を心掛けて下さいね。

カフェインはコーヒー以外にもお茶、ウーロン茶、ココア、紅茶、チョコレートに含まれているので、カフェインが入っていないお茶を飲むようにするといいでしょう。

↑ PAGE TOP