まずは正しいバストアップを知ることから

バストアップの仕組みを理解しよう

大きく綺麗なバストに憧れているけど「遺伝だから仕方ない」と諦めている人が多いようです。 たしかに遺伝も一つの要素ではありますが、バストアップのメカニズムを理解すれば、理想のバストに近づけることができます。

出産や年齢によるバストの悩みがある方や、大胆なファッションを楽しみたいという方も、バストが大きくなる仕組みを知った上でケアに励むことをオススメします。

まず、バストアップは女性ホルモンと密接な関係にあります。 思春期に突入すると女性ホルモンの分泌が活発になって、体に女性らしい丸みが生まれてきますよね。

女性ホルモンは『エストロゲン』という卵巣ホルモンと『プロゲステロン』という黄体ホルモンの2種類があり、それぞれ役割が異なります。

プロゲステロンは排卵のタイミングで周期的に分泌される女性ホルモンで、子宮筋肉の緊張を和らげたり、子宮内膜の成熟を促進させるという妊娠に関わる大切な役割を担っています。

エストロゲンは皮下脂肪を増やしたり、女性らしい体を作る働きや、骨や関節、粘膜、筋肉、皮膚などを強くしたり、自律神経や脳の動きをサポートする作用があります。

いずれも思春期に分泌が活発になるホルモンですが、思春期にコレステロールが不足していたり、ストレスによって分泌が妨げられてしまうと、バストが成長しにくくなります。

つまりバストを大きくする為にはホルモンバランスを整えることと、女性ホルモンの分泌を増加させることが重要なのです。

妊娠をすると胸が大きくなりますが、これもエストロゲンとプロゲステロンの分泌が盛んになるからです。

プロゲステロンは乳腺の発達を促進させ、エストロゲンは乳管の発達を促進させる働きがあるので、ホルモンを分泌させる為に食生活を改善して栄養をしっかり摂って、マッサージを行ったり、ストレスを溜めない生活を心掛けましょう。

エクササイズや体操も効果的なので、自分に合った方法を見つけて下さいね。

↑ PAGE TOP