基礎代謝とバストアップの関係とは?

バストアップサプリ-基礎代謝を上げてバストアップ

バストを大きくする方法は1つだけではありません。沢山のバストアップ方法やバストアップサプリメントが存在していますが、その中でも一石二鳥の効果を得られるバストアップ術を紹介します。

バストアップだけでなく、冷え性や便秘、肩こりの改善や、ダイエットにも役立つので、健康的に美しい身体とバストを手に入れたい方にもおすすめです。

その方法はズバリ、基礎代謝をアップさせることです。 胸を大きくしたいのであれば、バストアップを邪魔する老廃物を溜めない体にしなくてはいけません。

基礎代謝がアップすれば、リンパや血液の流れが良くなるので、バストアップ効果の向上を図ることができます。

基礎代謝をアップする方法は至って簡単です。 いくつか方法がありますが、バストの下あたりまでぬるま湯に浸かる半身浴をすると、リンパや血行の滞りを解消できます。

半身浴は冷え性改善にも効果的なので、すでに実践している方もいるかもしれませんね。

実はバストアップにも有効なので、できるだけ半身浴をするように心掛けてみるといいでしょう。 ただし、熱すぎるお湯はNGです。

また、水分もしっかり摂ることが大切です。 水分を充分に摂っていれば、半身浴の時にたっぷり汗をかくことができるので、血行が促進されて代謝もアップします。

ですが、沢山飲めば良いというものではありません。 水分を過剰に摂取すると頻尿や水太りを招いたり、必要な栄養が体外に出てしまう恐れがあるので、ほどほどにして下さいね。

また、姿勢に気を付けることでも代謝をアップできます。 デスクワークなどで長時間前かがみの姿勢でいると、リンパや血行の流れが滞るので、背筋をピンと伸ばして代謝をアップさせましょう。

他には、軽い運動も代謝アップに効果的です。 体を動かす習慣を身に付けて、バストに栄養が行き渡るようにして下さい。

リンパと血行の流れがスムーズでないと、バストアップできないと言っても過言ではありません。 基礎代謝をアップして、ハリのある美しいバストを目指してはいかがでしょう。

『胸を揉んだら大きくなる』の噂は本当だった!?

胸を揉めば大きくなるってよく耳にしますが、ちょっとしたコツが必要です。 ただし、間違った揉み方をしていると逆に小さくなることがあるので、自己流で揉んでいる方は注意して下さい。

バストのほとんどは脂肪で構成されているので、一生懸命揉めば揉むほど脂肪が燃えてサイズダウンしてしまいます。

そもそも胸を揉むだけで大きくなるなら、誰もバストの大きさで悩んだりしませんよね。 揉むというよりはマッサージするイメージで乳腺を刺激するとバストアップできます。

バストの大きさは乳腺の量に比例すると言われていて、乳腺に刺激を与えて大きく育てるとバストが大きくなります。 例えば筋トレは『筋肉に負荷を掛ける→回復する』を繰り返して筋肉を鍛えていきますが、乳腺も同じような理屈です。

マッサージならば乳腺を刺激しながら滞ったリンパや血液の流れを促進できるので、代謝アップも期待できます。

生活習慣によっては老廃物が溜まって、リンパや血液の流れが悪くなっている可能性があります。 マッサージをして老廃物を排出させることも、バストアップには大切なことです。

また、乳腺を増加する為には女性ホルモンが必要不可欠です。 女性ホルモンの分泌が盛んになるのは成長期~成人期で、分泌量が多ければ多いほどバストに脂肪がつきやすいと言われています。

先程、揉み方によってはバストが小さくなるという話をしたばかりですが、パートナーに揉んでもらう場合は別です。

恋人や夫に揉まれてバストが大きくなったという話をよく聞きますが、セックスは女性ホルモンの分泌を促進させる効果があるからです。

それに、しつこく何十分も揉み続けなければ脂肪が燃えることはほとんどありません。

恋をしているとドキドキすることがありますが、この時も女性ホルモンが分泌されているので、バストが大きくなりやすい状態だと言えます。

胸を黙々と揉むのではなく、乳腺と女性ホルモン、老廃物の排出、代謝を意識して、マッサージをすると効果的ですよ。

肩甲骨ストレッチで肩こりを解消しながらバストアップ!

スマートフォンが手放せない人が増えているみたいですね。 目を酷使したり、長時間同じ姿勢でいることが多いと、慢性肩こりになる恐れがあります。

肩周辺の血液の流れが滞るとバストに栄養が行き渡らないので、バストアップを妨げてしまうことになります。

しかも、左右の肩甲骨の状態が違っていると、バストの形が左右で揃わなくなったり、形が崩れる恐れがあるので、肩甲骨のケアも行うといいでしょう。

肩甲骨周辺の筋肉が固まると慢性的な肩こりになるので、可動域を広くするような動きが重要になってきます。

本来なら呼吸に合わせて肩甲骨も動きますが、現代人は呼吸が浅いので、肩甲骨の動きが悪くなっているのだそうです。

これも肩こりの原因になっているみたいなので、肩こりが気になっている方や肩こりを防止したい方は『肩甲骨はがし』にトライしてみて下さいね。

肩甲骨はがしと言っても、本当に肩甲骨をはがすわけではないのでご安心下さい。 肩甲骨をストレッチして、筋肉をほぐす方法です。

肩甲骨をケアすればバストアップ効果や肩こり解消だけでなく、ダイエットにも役立ちます。

【1】ぐるぐる回す!
腕を回して準備運動をします。 大きく肘を回すような感じで、前後に10回ずつ行いましょう。

【2】四つん這い!
①両膝をくっつけた状態で四つん這いの姿勢になります。
②息を吐きながらかかとの上にお尻を乗せます。
③息を吐きながら高くお尻を突き出して、背中を伸ばします。
④ゆっくり息を吐きながら左肩を地面にくっつけて、腕を伸ばしましょう。 この時、右腕はまっすぐ伸ばしたままにして下さい。
⑤反対側も行います。 それぞれ10秒キープし、何回か繰り返しましょう。

【3】寝たまま!
①仰向けになって両手を肩の高さに広げます。 この時、背中を大きく広げるように意識しましょう。
②天井に向かって左手を伸ばして、肩甲骨を地面から離します。
③右腕の方向にゆっくり下ろして、両手の手のひらを合わせた状態で10秒間維持します。 これを左右5回ずつ行ってみて下さいね。

↑ PAGE TOP